レオパレスの利点と恐怖~マンションを選ぶ前には知っておこう

情けない事に20代半ばにしても貯金がなかった
5年前の事です。
もともとすぐに引っ越したくなる性分で、しかも見栄っ張り!契約2年の更新をした事はなく、更新の時期が来ると引っ越しをしていました。
その度に心機一転!と言う事で家具なども買い替え、インテリアもオシャレに整えて、親からは
『引っ越し貧乏』
とよく言われており、また自分でもその自覚がありました。そんな私も一念発起と言う事で、今回はインテリアにこだわらず貯金をきちんとして行こうと
『家具家電付き、初期費用格安』
でお馴染みのレオパレスに即決した。
レオパレスはうたい文句の通り、生活に必要な家具家電。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、机、テーブル、椅子が備え付けてある。ホテルのシングルルームの様な印象です。
住み始めた初日、
『右隣の部屋から深夜1時にドラムの音が聞こえてきた』
『壁が薄いで評判のレオパレス…それをわかった上でのドラム演奏、そして深夜1時、正気の沙汰と思えんぞ!』

どうするべきか、とりあえず明日は仕事だから寝なくちゃ…布団にもぐってみても、耳を塞いでも全くねれない。
少し控えめの音から始まったが、次第に音が大きくなり…なんとなくベース音も響き始めてきた。
『ドゥッドゥッドゥードゥドゥ、ドゥーン??』
キメタ!って感じで。
いや始めの遠慮してた気持ちどこ行った??満喫しちゃってるじゃん!とちょっと面白くなってきたりもしたけど、ムカつく気持ちもあって思い切り壁を蹴った!

それから太鼓の達人と私の戦いがはじまりました。
レオパレスは噂通りの壁の薄さで、冬になると左隣の部屋からは『絶体オッサンですね!』と言う咳がガンガンに聞こえてきた。
10日以上そんな日が続いた時には、顔も見た事ないオッサンが心配になり、風邪薬持って行こうかと思ったくらいだ。
そしてレオパレスに入居する時、最も気を付けていたのはタバコのヤニ。
愛煙家の私は、必ず換気扇の下でしかタバコを吸わないようにしていた。
しかし、1年も経つと人間の順応性の凄さと言うか騒音にもすっかり慣れていたが、引っ越したい願望が出てきてしまった。

そこでレオパレスの退去費用について、ネットで検索したら、それはそれは酷い叩かれようでした。

少しの傷や汚れでも多額の清掃費用を請求されるなど。
怖くて怖くて退去を思いとどまりました。

そうだ!模様替えをして少しでも気分を変えようと試みましたが、レオパレスには机と備え付けのテーブルや椅子があり。模様替えも出来ません。
今では壁紙選べますって部屋がありますよね。
私の時もあったんですが、私の部屋は非対応の物件でした。インテリアにお金をかけなくて済むと思って選んだはずのレオパレス。
インテリアを楽しめないのがこんなにも辛いことかと思い知らされたレオパレス。
しかしそんな私も結婚する事になり、晴れて引っ越し。
恐れていた退去費用は…
基本清掃料のみでした!地域によっても違うのかわかりませんが、ネットに書かれたいたような事はなくたった3万程で退去できるなら早く引っ越しせればよかった!と心から思いました。なので、利便性を重視する方にはむしろオススメだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です